観光客を狙ったスリや詐欺の手口

日本で生活していると日常的にスリや詐欺に遭うことはまずありませんが、ヨーロッパを旅行するなら、観光客をターゲットにしたスリなどの犯罪に注意する必要があります。その手口はさまざまです。例えば数名の子どもの集団が、何かの署名を求めて観光客を取り囲み、観光客が気を取られている間にポケットやバッグから貴重品を盗むといったものがあります。地下鉄でのスリも多いです。有名な観光地でよく見かけるのがミサンガ売り。勝手に観光客の手首にミサンガを巻きつけて、お金を要求してきます。花を相手に手渡し、金銭を要求するケースもあります。

 

スリや詐欺に遭いやすい状況とは?

他のことに気を取られている状態にある時、スリや詐欺に遭いやすくなります。ホテルでのチェックイン時や駅の券売機で切符を購入する時、スマホで音楽を聴いている時などは、要注意です。カフェなどでおしゃべりに夢中になっている間に、バッグから財布が盗まれたというのもよくあるケースです。スリや詐欺をする人というのはグループで行動していることも多いです。日本語で話しかけてきたり、目の前で物を落としたりして、ターゲットが気を取られる状況をわざと作り出し、チームプレーでスリを働くこともあります。

 

ヨーロッパでスリや詐欺に合わないための対策

ヨーロッパでスリや詐欺に遭わないようにするには、とにかくスキを見せないこと。街を歩く際、地図を見ながらダラダラと歩くのではなく、目的地までの行き方をある程度頭に入れて、現地の人のような雰囲気で颯爽と歩きましょう。声をかけにくい雰囲気を自ら作ることも大切です。また、ポケットに貴重品を入れない、人前で安易に財布を出さない、冬ならバッグはコートの下に持つといった対策も有効です。